コウタケ

  醤油のような香りがするキノコ

コウタケ 香茸 きのこ事典コウタケ 香茸 きのこ事典

マツバハリタケ科 コウタケ属 / 別名・和名:シシタケ、皮茸、香茸

発生場所:コウタケは針葉樹と広葉樹の混生林に群生

季節:秋 / おいしさ度:2

コウタケは“皮茸”とも呼ばれ、傘の裏面に無数のトゲがあり、獣の皮のような見た目のため名付けられました。また、乾燥させると醤油のような特徴的な香りがするため“香茸”の別称もあります。

コウタケの傘は直径が8~20cm、形状は朝顔の花のような形をしていて、真ん中に大きな窪みが見られます。色は茶褐色で、表面には大きなトゲのように反り返った厚い鱗片が見られ、裏面には多くの細かいトゲがあります。

ツカは短く太く、傘との境界はあいまいです。上部よりも根元付近の方がやや太くなっており、色はグレーに近い褐色をしています。

肉の色はツカの表面とほぼ同色です。

コウタケ干して乾燥させると独特の良い香りがします。味も良いので人気のあるキノコです。ただし食べ方を間違えると苦味が出て中毒症状を起こすので注意が必要です。炊き込みご飯や天ぷらにするとよいでしょう。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ