クリフウセンタケ

 どんな料理にも合い、旨いダシが出るきのこ

クリフウセンタケ 栗 きのこ事典クリフウセンタケ きのこ事典

フウセンタケ科 フウセンタケ属 / 別名・和名:ニセアブラシメジ、カキシメジ、栗風船茸など

発生場所:クリフウセンタケは広葉樹林や混生林の地上などに束生または群生。

季節:秋 / おいしさ度:3

クリフウセンタケは、ミズナラなどの林内に列を作って発生することが多く、美味なことで知られるきのこです。

傘の直径は3~10cm程度で、湿気がある環境では表面に粘性のヌメリが出ます。傘の色は黄褐色またはオレンジ色に近い褐色で、フチ部分より中心部の方が色が濃くなっています。形は初めフチが内側に巻いたまんじゅう型ですが、育つほど傘が開き、中心部が少し高くなった平らに近い形になって、最後には反り返ります。

傘の裏面のヒダは密に並んでいて傘に直生し、色は初め白色ですが、成長すると薄い褐色になっていきます。

ツカは長さが5~10cmほどで、太さは上部から下部までほとんど同じか、あるいは根元部分がやや太くなっています。表面は白色で、上部には綿毛状のツバがあります。ツカの下の部分が繊維状になっていることもクリフウセンタケの特質のひとつです。

肉の色は白く、香りが良いキノコです。

クリフウセンタケは少しヌメリがあり、歯ごたえもよく良いダシが出るので人気が高いきのこです。さまざまな料理に合いますが、特に煮込み料理や鍋物に向いてるといえるでしょう。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ