クリタケ 

歯ごたえは良いが注意したいキノコ

クリタケ キノコ図鑑クリタケ きのこ事典/ナビ

モエギタケ科 ニガクリタケ属 / 別名・和名:栗茸

発生場所:広葉樹の倒木や切り株などに発生

季節:秋 / おいしさ度:2 毒性の強さ:1

クリタケは秋になると広葉樹の倒木などに大量発生することも多く、一度にたくさんの量が採れるきのこです。国内では古くから秋の味覚として利用され、栽培もされていますが、海外では毒キノコ扱いのため注意が必要です。

クリタケの傘は直径2~8cm程度で、色はレンガ色~薄い黄褐色です。フチの周辺は白っぽい色をしていることがあり、形は初め半球形です。成長すると傘が開き、最後には反り返ります。また、表面には白い綿毛のようなササクレがあり、触ると湿り気がありしっとりしています。

ヒダはツカに直生またはやや垂生し、成長ともに乳白色から段々とオリーブ色に変色します。ツカは5~10cmほどの長さで、傘と同様に湿り気があり、色は上部は薄い黄白色、根元付近は上部よりも色が濃くなります。ツカはほぼ一定の太さですが、基部は少し細くなっています。また、ツバはありません。

肉は薄い黄白色で、ツカの根本周辺は茶褐色に近い色をしています。

クリタケはシャキシャキとした歯ごたえがあり、良いダシが出ることで知られています。しかし分析により毒成分も見つかっているので、調理方法や食べ過ぎに注意が必用です。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ