クギタケ

傘の中央部がとがった形のキノコ

クギタケ きのこ事典/辞典 調べるクギタケ きのこ図鑑 調べる

オウギタケ科 クギタケ属 / 別名・和名:カモコタケ、タカマツ、釘茸など

発生場所:クギタケはクロマツなどの松林内の地上に単生または群生

季節:夏~秋 / おいしさ度:2

クギタケは東北地方に多く見られ、地方ごとに別名があります。秋田ではアカキノコ、青森ではカモコタケ、岩手ではトウズ、トウズッコ、福島ではタカマツなどの別称がありますが、釘をイメージさせるようなものはほとんどありません。

傘は直径が3~6cm、形は初めフチが内側に巻いたまんじゅう形で、成長すると徐々に傘が開き、中央部分が盛り上がり尖った特徴的な形になります。色は黄土色~アズキ色で、湿度が高い環境では表面にヌメリが出ます。

裏側のヒダは粗く、間隔が開き密に並んではいません。色は薄い褐色~褐色をしています。

ツカは長さが4~8cmほどで、根元付近が細くなっていることが多く、ツカ上部には綿状をした不完全なツバがあります。このツバは失われている場合も少なくありません。色は傘と同系色で、繊維状の組織に覆われています。

クギタケの肉はオレンジ色に近い褐色、または淡い黄褐色で匂いは特にありません。

クギタケは火を通すと色が少し黒ずみますが、良い風味があり、鍋物や煮物に利用されることが多いきのこです。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ