キタマゴタケ

黄色くてかわいい形のきのこ

キタマゴタケ 黄卵茸 きのこ辞典|調べるキタマゴタケ 黄卵茸 きのこ辞典|写真

テングタケ科 テングタケ属 / 別名・和名:黄卵茸

発生場所:キタマゴタケは針葉樹林、広葉樹林内の地上に発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:2

キタマゴタケはタマゴタケの仲間でよく似た形ですが、赤色ではなく全体が鮮やかな黄色であることが特徴の可愛らしいきのこです。おいしいことでも有名で、特にヨーロッパでは人気が高いようです。ただ、日本では発生率も個体数も少ないようで希少種とされています。

傘の直径は6~18cmと中型~大型で、卵のような形の白いツボから飛び出し、初めは球形に近いかたちをしています。成長とともに傘は開いて平に近くなっていき、まれに弱いヌメリが出る場合もあります。

傘の裏のヒダも黄色く、密に並んでいます。

ツカは黄色~黄土色をしており、成長すると細く長い印象で、ツバも黄色です。

キタマゴタケは美味しいのですが、食べる際には猛毒キノコのタマゴタケモドキと間違わないよう注意が必要です。ツカ、ツバの両方ともキタマゴタケは黄色く、タマゴタケモドキは両方とも白い、というのが見分け方のポイントです。自信のない方は食さないほうが懸命でしょう。

きのこナビ TOP

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ