カンゾウタケ 

肝臓や牛タンのような外見をしたキノコ

カンゾウタケ 肝臓茸 きのこ事典カンゾウタケ 肝臓茸 きのこ事典

カンゾウタケ科 カンゾウタケ属 / 別名・和名:肝臓茸

発生場所:カンゾウタケは広葉樹や雑木林、草地などの地上に発生

季節:梅雨期~秋 / おいしさ度:2

カンゾウタケは肝臓をイメージさせる外見をしており、その色から牛タンのようにも見えるキノコです。ヨーロッパでは古くから食用とされてきましたが、日本では食されることがほとんどなかったようです。

傘の直径はおよそ5~30cm、厚さは2~5cmほどで、形はヘラ型あるいは扇形です。成長するとフチ部分が波打ったような形状になって少し反り返ります。

表面は微毛や細かい粒があるためザラザラしていて、色は初めは赤紅色、成長すると肝臓のような鮮やかな赤色、または赤褐色になります。

ツカは見られないケースが多く、ほとんどの場合、木から側生してるようです。

肉は表面と同じようにきれいな赤褐色で、白い筋が全体に見られるため、高級な霜降り肉と間違うほどです。また、切ると霜降り肉と同じように赤い液もでるためアメリカではステーキとして親しまれています。

カンゾウタケは酸味が強い味で、やはり本物のステーキとは違いがあるようです。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ