オオツガタケ

ツカが太くておいしいキノコ

オオツガタケ 大栂茸 キノコ図鑑/事典オオツガタケ 大栂茸 キノコ図鑑/辞典

フウセンタケ科 フウセンタケ属 / 別名・和名:大栂茸

発生場所:オオツガタケはツガやカラマツなどの針葉樹林の地上に発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:3

オオツガタケは外見的にツカが太いイメージで、歯切れがよくおいしいキノコです。

傘は直径が7~10cm程度で、形は初め球形、成長とともに開いてまんじゅう型になり、最後には平らになります。傘の色は明るい黄褐色~オレンジ褐色で、フチ周辺は中心部よりも色が薄くなっています。また、湿度の高い環境では表面に粘性のヌメリを帯びています。

ヒダの色は淡い黄土色を帯びた白色で成長すると色が濃くなっていきます。

オオツガタケのツカは長さが6~10cmほどで全体的に太く、根元付近のほうがやや細くなっています。ツカの色は白色~乳白色で、成長すると褐色のササクレが見られるようになり、下方部分は綿毛状の菌糸で覆われています。

肉は全体的に白色で、特徴的な匂いはありません。

オオツガタケは風味がよく、焼き物、炒め物、汁物、鍋物など、どんな料理にも合うキノコです。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ