オウギタケ

柔らかく良いダシが出るきのこ

オウギタケ 扇茸 きのこの種類検索オウギタケ 扇茸 きのこの種類検索

オウギタケ科 オウギタケ属 / 別名・和名:扇茸

発生場所:オウギタケはクロマツやアカマツなどの針葉樹林地上に群生

季節:夏~秋 / おいしさ度:2

オウギタケは煮込むと良いダシになり、ヌメリも出て柔らかい食感であることから、秋の味覚として人気の食用きのこです。夏から秋の季節にアミタケと同じ場所に並んで発生する場合が多いことでも知られています。

傘は直経4~6cmほどで、初め半球体で、成長すると平らに開き、傘の色は赤褐色から淡い赤色をしています。古くなるにつれ段々と黒いシミが出始め、湿った環境では粘性のヌメリがでることがあります。

ヒダは初めは灰色で徐々に淡い紫色を帯びていき、粗く、密に並んではいません。

オウギタケのツカは根元付近がより細く、色は上部は白に近く、下部は段々と茶褐色になるグラデーションです。また、ツカの上部には綿毛状のツバが残ることあり、表面にはササクレが見られます。

オウギタケは揚げ物や炒め物、煮物など様々な料理に利用されます。ただし、採ってから時間が経つと黒ずんでくるので、早めに調理するのがいいでしょう。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ