エリンギ

地中海沿岸から来たおいしいキノコ

エリンギ 美味しいきのこ 図鑑/事典エリンギ おいしいきのこ図鑑/事典

ヒラタケ科 ヒラタケ属 / 別名・和名:-

発生場所:日本では栽培品のみ

季節:栽培品なので一年中 / おいしさ度:2

エリンギは元々、フランスやイタリアなど地中海沿岸地方に多く自生するヒラタケの仲間で、国内には見られなかった種類のきのこです。日本では1993年に初めて人工栽培が行われ、ツカの部分が太くて大きい食用のエリンギが開発されました。

その後、栽培技術の進歩により大量栽培が普及したため、現在は価格も手ごろな食材として人気が定着しています。

エリンギは歯ごたえが良いキノコとして知られていますが、香りはそれほど強くないので色々な味付け・香り付けをして利用されています。

きのこナビTOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ