エノキタケ

天然物は栽培品とは違う姿をしているエノキタケ

エノキタケ キノコ図鑑/事典エノキタケ きのこ事典/調べる

タマバリタケ科 エノキタケ属 / 別名・和名:ナメタケ、ユキノシタ、ナメススキ、榎茸など

発生場所:エノキタケは広葉樹の枯れ木や切り株などに発生

季節:晩秋~早春 / おいしさ度:3

エノキタケはスーパーなどで市販されている栽培品はよく知られていますが、天然物はそれほど知られていません。天然物は白くて長い栽培品とは見た目も味も全く異なるものになります。

エノキタケの傘の直径は2~8cmほどで、色は黄褐色または暗褐色です。形は初めは球型、成長とともにまんじゅう型になり、その後段々と平らに開き、古くなると反り返ります。表面に強いヌメリとツヤがあり、この点が栽培物とは異なります。

ヒダは白色から薄い黄褐色で、ヒダは密ではなく、間隔はやや広くなっています。

ツカも白ではなく黒褐色で硬く、表面に微毛が生えてビロード状になっています。いくつかのツカが基部でまとまっているため束生し、ひとつの大きな株になるケースもあります。

エノキタケの肉は白色で傘の部分は厚く、ツカの内部は空洞になっています。

天然物のエノキタケは、よく知られる白くて長い栽培品と比べ、歯ごたえや風味も香りも数段上のきのこです。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ