ウスヒラタケ

ヒラタケを小さく薄くしたようなキノコ

ウスヒラタケ きのこ事典/辞典ウスヒラタケ きのこ事典/辞典

ヒラタケ科 ヒラタケ属 / 別名・和名:薄平茸

ウスヒラタケは広葉樹の切り株や倒木などに群生

季節:初夏~秋 / おいしさ度:2

ウスヒラタケはその名の通り、ヒラタケを色も厚さも薄くしたような姿を持つキノコです。季節的には初夏から見られ、倒木などに折り重なるように発生します。

傘の直径は2~8cmほどで、色は初め白色または淡い褐色をしており、段々と淡い黄色みを帯びたに色に変化していきます。傘の形は初めまんじゅう型で、成長とともに扇型または半円形になります。

ヒダはやや粗い場合も密に並ぶ場合もあり、色は白色から徐々に黄色みを帯びてきます。

ウスヒラタケのツカは個体により長いもの、短かいもの、全く無いものとさまざまです。

肉は薄くてやわらかく、自生のものはやや粉のような匂いがします。

ウスヒラタケは調理すると風味や香りがよく、天ぷら、フライ、煮物、鍋物など、どんな料理にも合うキノコです。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ