イロガワリ

傷がつくと濃い青色に変色するキノコ

イロガワリ 色変 キノコ図鑑/辞典イロガワリ 色変 キノコ図鑑/事典

イグチ科 ヤマドリタケ属 / 別名・和名:色変

発生場所:イロガワリは広葉樹林や針葉樹林の地上に発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:2

イロガワリは名前の通り、傷がついたり中が空気に触れたりするとすぐに濃い青に色が変わるきのこです。

傘の大きさは3cm~10cm程度で、表面の色はオリーブ色~黒っぽい褐色です。また、表面は微毛に覆われたビロード状のものや無毛の場合もあり、湿度の高い環境では粘性のヌメリが出ます。形は初めは半球形で成長ともに傘が開き平らになっていき、フチ部分が波打つ形状の個体も見られます。

傘の裏側の管孔は黄色で、細かい網目のようになっています。

ツカは上部から下部までほぼおなじ太さか、根元部分がやや細くなっている場合もあります。ツカの表面は鮮やかな黄色ですが、赤く細かい斑が無数に点在しています。

肉に特徴的な匂いはありません。

イロガワリは国内ではその色のためか、食用にされることは多くないようですが、ヨーロッパでは人気の食用きのこです。肉類と煮込むとおいしく、茹でたり加熱すると青色は消えます。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ