アミタケ

松林でよく見かけるおいしいキノコ

アミタケ きのこ事典/図鑑アミタケ 網茸 キノコ図鑑/事典

イグチ科 ヌメリイグチ属 / 別名・和名:イグチ、アミコ、シバタケ、網茸など

発生場所:アミタケは主にクロマツ、アカマツなどの松林地上に群生

季節:夏~秋 / おいしさ度:3

アミタケは夏から秋にかけて松林に自生する、きのこ狩りの対象とされるほど人気が高くておいしいきのこです。1か所から数本が発生し、重なるように成長することもしばしば見受けられます。また、オウギタケと並んで発生するケースも多く見られます。

傘の直径は5~12cm程度で色は黄褐色からオレンジ色、または茶褐色です。形は初めまんじゅう型で、その後ほぼ平らに開き、古くなると反り返ります。また、湿度が高い環境では表面に粘性のヌメリが見られます。

傘の裏側にある管孔の部分は網のような形をしており、これがアミタケの名前の由来にもなっています。管孔はオリーブ色や黄色をしています。

アミタケのツカは2~6cmほどの長さで、傘よりやや薄い色をしており、上部も根本付近もほぼ同じ太さになっています。ツカに粒状の点などは見られません。

肉はかなり厚くてキメが細かく、色は白色~薄い黄色です。また、加熱すると赤紫色に変色することも特徴のひとつで、匂いは特にありません。

アミタケは美味なきのことして知られる食用キノコですが、毒キノコであるチチアワタケと外見が似ているので注意が必要です。和え物、汁物、鍋物など、どんな料理にもよく合います。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ