ニシキタケ

錦のように美しいきのこ

ニシキタケ 錦茸 きのこを調べる図鑑ニシキタケ 錦茸 菌を調べる図鑑

ベニタケ科 ベニタケ属 / 別名・和名:錦茸

発生場所:ニシキタケは広葉樹や針葉樹と広葉樹の混在した森林中に発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:2

ニシキタケはその名の通り色が美しく、林内でも存在感を放ちます。

傘は直径5cm~10cm、赤色、オレンジ色、黄色のグラデーションと言う特徴的な色で、全体的には黄色い印象です。初めまんじゅう形で成長後には平らに開きます。湿気がある場所ではヌメリが出ます。

ヒダはツカにほとんど離生し、色は幼い時は白で成長後には淡黄色となり、縁部は濃い黄色にフチ取られます。

ツカの色も幼菌時は白色で段々と淡い黄色からレモン色を帯びていきます。上部の方が色が薄く、根元に近づくにつれ色が濃くなっていきます。ツカは全体的に太く、根元に近づくにつれより太くなっていきます。

肉の色は白色でカサの部分の肉は淡い黄色をしています。

ニシキタケは虫がつきやすく、すぐに傷んでしまうため食用にするのは難しいきのこですが、味も見た目の色も良いのでパスタソースなどにするとよいでしょう。

きのこナビ TOP

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ